理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

昨日、約1年半前にB3ダイエットを卒業されたMHさんが久しぶりに来てくださいました。

ダイエットを始める時に何が一番気になるかと質問をすると「どれだけ痩せるかよりリバウンドするかどうかの方が気になる」という声をよく聞きます。

このブログでも何度か書いていますがダイエットは一過性のイベントではなくライフスタイルを変えるという意識を持たないとどんな方法でもリバウンドしてしまいます。

果たしてMHさんはどうだったかというと・・・

スポンサードリンク

しっかり体型を管理されているMHさん

MHさんは健康診断の数字が悪くてダイエットを決心された方で、卒業された時には次のような状態でした。

  • 体重:65.4kg→60.9kg
  • 体脂肪:22.3%→18.9%
  • ウェスト:86.5cm→77.5cm

卒業後もMHさんはトレーニングと食事管理を自分で継続していき、一時期は体脂肪が8%ぐらいになるまで絞ったそうです。

現在はほぼ普通の食事と週1〜2回のトレーニングを継続されおり、体重が56〜57kg、体脂肪13%ぐらいで落ち着いているそうです。健康的に無理なくということを考えると今ぐらいが一番バランスがとれている体型だと思います。

そんなMHさんの変化の様子は次のようになります。

mh-1half-after-back mh-1half-after-front mh-1half-after-side

ちなみにMHさんは細身の服を着たいそうで筋肉量的には腕と胸が今ぐらいかもう少しあればいい、という事でした。なので胸・肩周りの筋肉量を増やすコツ・方法についてアドバイスをしておきました。

現在のライフスタイルは?

先ほども書きましたが現在はほぼ普通の食事だそうです。お酒も好きでよく飲みにも行っているそうです。とはいえ、ダイエット前のときほどの無茶な食生活ではなく適度に食事量をコントロールしているようでした。

トレーニングに関しては、忙しい時は週1回、可能なら週2回、公営のスポーツジム施設でウェイトトレーニングと有酸素運動を1〜2時間ほどやっています。またゴルフ好きなので打ちっぱなしにもよく行くそうです。

MHさんは、太りやすい食事がどういうものか、トレーニングはどういうことをすれば良いのか、というポイントをしっかり理解して実践されていることがわかると思います。

「まだ足らない」と思うから続けられる

ではMHさんがどうしてトレーニングを続けるモチベーションを保てているかですが、ご本人曰く「まだ足らない」という意識から来るようです。

これは大切なポイントですよね。

少なくとも肉体に限っていえば現状維持を目指すと確実にレベルが下がっていきます。なぜかというと体は加齢で常に衰える方向に進んでいくからです。「常に少し上を目指す」ぐらいの気持ちでやってちょうど現状維持できる、そう考えるとダイエット後の食事や運動への取り組み方も変わるのではないでしょうか?

MHさんの言葉から改めてそのことを学ばせてもらいました。

居酒屋さんでのエピソード

今回話をしていてMHさんがよく行く飲み屋さんでのエピソードを聞かせてくれました。そのお店で働いている若い人達が某2ヶ月で激やせするというジムに通って同じくダイエットしたらしいです。ところが今はみんなリバウンドして元に戻ってしまったそうで、その居酒屋では「Mさんだけがリバウンドせずに維持できてるね」と言われてるらしいです。

3ヶ月という少し長めの期間で”太りにくい食生活”と”運動する習慣”を身につけて卒業してもらう

というB3ダイエットのコンセプトをMHさんは見事に体現してくれていて本当に嬉しいです。
MHさん、ありがとうございました。

mh-1half-year

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。