理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

先日、クライアントさんから

「汗をもっとかけばもっと痩せますか?」

という質問をうけました。この方のように

汗をかく=脂肪が燃える=痩せる

というイメージを持つ方は多いのではないでしょうか?

サウナやホットヨガ、岩盤浴などが流行るのも、そういうイメージを持つ人が多いことが一つの要因かなと思います。しかし、本当に汗をかくと痩せるのでしょうか?少し前に「冬はダイエットを始めるのに適してる!?」という記事で寒いと代謝が上がるということについて書きましたが、今回はその逆の話を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

暑い所にると痩せにくい

基礎栄養学 (新ガイドライン準拠エキスパート管理栄養士養成シリーズ)坂井堅太郎著 化学同人によると、基礎代謝と環境温度について次のようなことが書いてあります。

一方、外気温が高くなると熱の生産を抑えたり、熱を放散したりする。外気温が30℃で人の代謝量は最低となる。

この記述を信じるなら30℃以上の高温のところにいると、生きていく上で最低限の代謝量になるということを意味します(ここでいう代謝というのは主に熱の生産のことです)。体温の上昇を代謝を下げるだけでは抑えられなくなるので、あとは汗をかいて放熱するしかありません。

はい、大事なポイントはココですね。

サウナに入ったり岩盤浴をやって汗だくになっている人は、脂肪を燃焼させることで汗が出ているのではありません。温度調節のために体内の水分を放出しているだけです。

体内に熱がこもって危険な状態になっていますから、「代謝が上がって脂肪も燃えている」という本人の思いとは逆に、体は極限まで代謝を落としています。普通に生活しているほうがよっぽど代謝が高いでしょう。

つまり、じっーっとしてるだけで脂肪がどんどん消費されていくなんて都合のよい話はありません。サウナや岩盤浴と違ってホットヨガであればポーズによっては筋肉も使っていると思いますが、同じ時間なら寒いところで有酸素運動した方がはるかに多くのカロリーを使ってくれるでしょう。

体がポカポカしても脂肪は燃えない

また、サウナなどは終わったあともしばらくは体がポカポカすします。

そうすると「代謝が上がっている状態になっている」と思いたくなる気持ちも分かりますが、それは単に体に熱がこもって大変な状態になっているだけです。体の深部体温が下がるまで、つまりポカポカしている間は代謝が低い状態が続きます。そしてポカポカが収まるとやっと普通の代謝レベルに戻ることになります。

一方で運動後にポカポカした状態はまったくちがいます。確かに運動後も深部体温が上がっている間は代謝が落ちていると思いますが、疲労した筋肉の回復のためにさまざな反応が体のなかで起こっており、それが最終的に1日の全体的な脂肪消費を増やす(運動後過剰酸素消費量:EPOC)ことがわかっています。EPOCについては過剰評価は禁物ですがすくなくともサウナでのポカポカよりはダイエットに結びつくでしょう。

つまり、運動して汗をかけば単にその瞬間にカロリーを消費するだけでなく、その後も体の脂肪燃焼を促す効果があります。一方でただ暑い所にいるだけでかく汗は温度調整以外のなにものでもありません。

さらに、暑い状態で無理矢理運動して汗をかくのは代謝の低下と脱水の危険性があるだけでさらに脂肪が燃えるなんていうメリットはありません。健康にもダイエットにも役に立たないと考えてよいと思います。

汗=老廃物!?

汗をかくことに対するダイエット効果は否定されたとしても、デトックス効果はあるからムダではないという話もでてきそうですが、実際に汗から老廃物(そもそも老廃物の定義をしりたいですが・・・)が沢山でるということを示した研究結果をみたことがありません。

もし仮にそういう効果があったとしても、体温調整しないと死ぬかも知れない緊急事態に老廃物を処理して汗にまぜる余裕があるのか疑問です。とにかく熱を逃がすのが最優先ですからね。

ということで、結論からいうと少なくとも脂肪を燃焼させたいなら運動にせよサウナにせよ暑くて汗だくになるより、普通の環境で汗の量は気にせず運動する方がよいです。健康という意味でも暑い中での運動は危険ですし、暑さで疲労して質・量ともに低いレベルの運動になってしまいます。

炎天下のレースにでるアスリートならともかく、普通にダイエットしたい人は涼しい環境でしっかり追い込むのがベストかなと思います。

何か特別なことをする(今の場合は汗をたくさんかく)と特別な効果があるように思うものですが、大抵はそんなに大差がありませんし、むしろ逆効果の場合もあります。

ダイエットは奇をてらうよりも、コツコツとベーシックなことをやるのが一番の近道です。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。