理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

月に1回ぐらい整体にくるYさん(男性)はやせ形で細身な人なのですが、筋肉を付けたくて毎日のように筋トレをしているそうです。

でも、2年ぐらい続けているのに一向に筋肉が太くならないと嘆いていました。

肺葉学的には外胚葉タイプに寄った体なので、食事もトレーニングもかなり頑張らないとダメなタイプです。

食事に関してはプロテインを飲んでるし食事も腹一杯食べているそうです。
もっとも、食事の量は主観的なものがあるので量的に足りているかは定かではありませんが・・・

一方のトレーニングに関しては、自重トレと鉄アレイを使っているそうですが、鉄アレイの重量は1種類だけ。

「それって10回ぐらいで上げられなくなるぐらいの重さですか?」

って聞くと

「いや、何十回でもできる」

という返事が・・・

残念ながらこれでは筋肉は発達しません。

何度も書いていますが、筋肉を肥大させるためには10回前後できるレベルの負荷をかける必要があります。何十回もできる重さでは筋肉を肥大させる刺激とはなりません。

ですから、自重トレでは筋肥大に限界がありますし、鉄アレイもレベルが上がるごとに重いものに変えていく必要があります。軽い負荷を回数を増やしても筋持久力があがるだけです。

ですのでYさんには

「ダンベルセットを買わないと時間と努力がモッタイナイですよ」

とアドバイスしましたが・・・

「高いし場所を取るからなぁ・・・」

と気のない返事(苦笑)

1〜2万円ぐらい出せば初心者なら十分な負荷をかけられる重量のダンベルセットを変えるのですけどね・・・

本気で筋肉を増やしたいなら、やはりそれなり器具を揃えるのが近道というか基本です。もちろんスポーツクラブに行くのでもOKです。

ものごとが成功するためにはマインド・スキル・道具の3つが揃う必要があり、それぞれはかけ算です。どれか一つが欠けていても成功しません。ただし、道具は必要最低限のものがあれば十分で高級なモノは必要ありません。

で、筋肉を太くしたいなら必要最低限の道具の一つがウェイトです。本気で筋肉をつけたい人はそこはケチらずに投資しましょう。

書店では自重トレの筋トレ本も沢山売っていますが、確かに運動経験ゼロで筋力が全然ない人の場合、最初はある程度効果があると思います。しかし、そういう本に載っているモデルのお兄さんのようなマッチョな体になることはまずないでしょう。ああいう体を目指すならウェイトは必須です。

本気で筋肉を増やしたいなら是非ウェイトの購入 or スポーツクラブへの入会をお勧めします。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。