B3ダイエットの理論

B3ダイエットは残念ながら(?)世の中によくある

  • やせる秘密の食べ物やサプリメントを使います
  • 寝ているだけ脂肪が減っていく

などといった夢のような方法ではありません。

生理学的に証明されている事実を組み合わせて筋肉をできるだけ維持しながら脂肪を落としていきます。裏ワザなどでは無いので「楽してやせる」とは言えませんが、ほとんどのケースで脂肪はしっかりと落ちていきます。

ここではその理論の概要をお話ししたいと思います。生理学的な細かい話はブログの方に書いていく予定ですので、気になる方はブログもチェックしてみてください。

ダイエットの原則

まず最初に頭に入れておいていただきたいことは、ダイエットの大原則です。

痩せるためには体のエネルギー収支が

摂取カロリー < 消費カロリー

という関係にならなければなりません。これは生理学的に間違いないことです。これ以外で痩せるためには、脂肪吸引など物理的に脂肪を取り払うしかありません。

そして、この関係を満足させるためには、食べる量(=摂取カロリー)を減らすか、運動(=消費カロリー)を増やすかのどちらかしかありません。

どちらかしかありませんと書きましたが、体脂肪を落とすなら食事を変えることが最も効率がよいです。

はっきり言って運動だけではなかなか体重が減っていきません。もちろん運動にたっぷり時間をかけることができ、さらに運動を毎日することが苦にならないという方なら運動だけでもダイエットに成功する可能性が高いですが、そもそもそういう人は太っていないことが多いです。

ですので、体づくりの基本は食事だということをしっかり理解してください。

しかしどのような方法であれ食事量を減らすと脂肪だけでなく筋肉も落ちていきます。この筋肉が落ちるのが曲者で、体の基礎代謝が現状より下がってしまいうのでダイエット期間終了後に食事量を元に戻すと前よりも太りやすい体になってしまいます。また、体力が落ちる、体に締まりが無くなるなど、筋肉が落ちてよいことは何もありません。あなたも引き締まった体になりたいのであって、ガリガリの体にはなりたいのではないですよね?

ですから、

食事を減らすことで脂肪を減らし、運動をすることで筋肉量を維持する

というのがダイエットの王道であり、これに従えば引き締まって活発な体を手に入れる事ができます。

何も考えず食事を減らすのはダメ

まずは食事を減らすことについて感が手みたいと思います。そすると真っ先に思い浮かぶのがカロリー計算です。

しかし、現代栄養学の落とし穴はカロリーの種類については注意を払ってこなかったことにあります。※ここでいうカロリーの種類とは「どんな食べ物を食べるか」という意味だと考えておいてください。

「カロリーさえ低ければよい」という考え方は極端な食事制限につながります。そして、そういう方法でダイエットに挑戦すると、たいていは空腹感に耐えられず失敗します。飢餓状態は生物が本能的に嫌がる状態ですから当然ですね。さらに筋肉も分解しやすくなります。

B3ダイエットでは太りやすい栄養素(炭水化物)をできるだけ避けるという方針で食事をコントロールしてもらいます。こうすることで面倒なカロリー計算をせずに脂肪を落としていくことが可能です。

あなたが考えることは食べてはいけない食べ物を覚えるだけです。また、毎日食事を報告してもらうのでそのやりとりの中で自然とNGな食品が分かってくるようになります。

食べる量は腹八分目ぐらいを意識してもらえば間食を食べることも自由です。もっとも、この食事になれてくると血糖値が安定するのであまり空腹感を感じず、間食も食べなくなるという人が多いです。

また、B3ダイエットの食事はバナナダイエットなどのある一種類の食べ物だけ食べなさいというタイプのものではないので、いろいろな食材を楽しめますし、味付けも豊富に選べます。だから飽きませんし継続しやすい食事法になります。

筋肉がつく運動をしなければダメ

ダイエットのための運動というと有酸素運動がまっさきに思い浮かぶと思います。しかし、実は有酸素運動は時間の割に消費カロリーが少なく効率が悪いだけでなく筋肉量もほとんど増えません。場合によっては筋肉量が減っていくことさえあります。

ですので、B3ダイエットでは有酸素運動にはそれほど重点をおきません。

では何をするのかというと、高強度のウェイトトレーニングを行います。

その理由は、高強度のウェイトトレーニングは筋肉の増加だけでなく、成長ホルモンの分泌を促したり骨や関節を丈夫にする、神経の活性化にもつながるなど体に良い影響をあたえる要素がとても多いからです。心肺機能も十分に鍛えられます。

ただし、高強度のウェイトトレーニングは正しいフォームでやらないと筋肉が鍛えられないばかりかけがをする危険もあります。それを解剖学に精通した整体師がマンツーマンで指導していくことに特徴があります。

このようにB3ダイエットでは、

脂肪を使いやすい体質にする食事+筋肉を維持するトレーニング

この2つを組み合わせることで確実に体重を減らしていいきます。

そこには手品も特殊は方法もなにもありません。しかし、コツコツとやることで確実に脂肪が減り筋肉がついた引き締まった体に近づいていきます。