理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

今まで2回(その1その2)にわたって食べ物のカロリーについて書いてきました。

2つの記事で僕が言いたかったことを一言でまとめると、

食品成分表示のカロリーと人の体が吸収するカロリーが同じという保証は全くない

ということです。

カロリーの定義自体がそもそもいい加減で、さらに腸内細菌によって栄養素が作り出されることまで考慮すると計算通りのカロリーになっていると考える方がおかしいですよね。

また、百歩譲って偶然にも成分表のカロリーがよい近似値だったとしても、食材の個体差による誤差も無視できません。

たとえば、赤身の肉100gといっても、脂肪の付き方は千差万別でそれによってカロリーが大きく変わることになりますからね。

ですからダイエットのために電卓をたたいて食べ物のカロリーを毎日計算して思い悩むのは、手間のわりに効果があるのかなぁ?と感じます。

あと、体の基礎代謝も当然ながら一定のはずがありません。外気温やその日の活動状況、体調などで日々変動しているものです。だから、目標とする基礎代謝の数字自身も当てにはなりません。

じゃぁ、どうすればよいのか?

答えはシンプルです。

体重・ウェストサイズが減り始めるまで食事量を減らす。その食事量があなたの摂取エネルギー<消費エネルギーとなる量です。

身も蓋もない答えですが、いろいろ計算するよりその方が取り組みやすいです。
ただ、体重は体の水分量の影響を強く受けるのでオススメはウェストのサイズをメジャーで測ることです。

食事量を減らすことで気をつけなければならないのは、減らす食べ物の質です。栄養失調になっては困りますからね。

栄養素には脂肪がつきやすいものとそうでないものがあります。ですから闇雲にすべて減らすのでは無く脂肪を付けやすい栄養素をグッと減らして体重・ウェストの推移をチェックしていくことが大切です。

太りやすい栄養素についてはまた別の機会に詳しく書きたいと思います。

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

  1. カロリー計算を使わないのでは、
    食べたものを全部記録しておいてあとから見直すという
    カロリー計算より面倒なことすることになるのでしょうか。
    それから、カロリーを使わないのでは
    どの食品をどれくらい減らしたらいいのかも判断がつかないのではないでしょうか。

この記事にはコメントできません。