理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

年齢と共に筋肉が落ちていくので40代以降は筋トレが必須ですよ!ということはこのブログの記事で何度も書いています。

とはいえ、40代、50代でも筋トレをして効果があるのか疑問に思かもしれあませんね。

今回は筋力強化の適齢期と高齢のトレーニングについて考えてみましょう。

スポンサードリンク

25〜30歳が最適

まず筋肉が出せる力、つまり筋力という面で考えるとピークとなる年代はは25〜30歳ぐらいだと言われています。面白いのは昔と比べてピークの年代がだんだんと上がってきているといことです。栄養状態やサプリメント、トレーニング方法の発達などが影響をしているのでしょうね。

一方の筋肉を太くしたいという場合も、やはり25〜30歳前後がピークだと言われています。

これぐらいの時期に計画的に体づくりをしていけば、高齢になってから頑張るより楽に筋肉をつけることができるといえるでしょう。また、この時期にしっかり筋肉を付けておけば、しばらくトレーニングをサボって筋肉が落ちてきてもマッスルメモリーという効果で、短期間で元に近い状態に筋肉が戻ります。

ただ、もう自分がこの年代以上だと行って落胆しないでください。

これはスポーツ選手やボディビルダーのように体をギリギリまで鍛えようという人達にとっては重要な話です。しかし僕たち一般人はそこまでの筋肉は必要ないですから、この話にそんなに悲観的になる必要はありません。

何歳になっても筋肉は太くなる!?

まず、知っておいて欲しいことは30歳を過ぎても筋肉はちゃんと太くなるということです。東大の石井先生らの研究グループでは104歳の人の筋肉が太くなったという例を確認しているそうですから、何歳でも太くなる可能性はあるといってよいと思います。

僕たちの体は想像以上の能力をもっています。年齢を言い訳にしてはいけません(笑)

ところで、筋肉には速筋と遅筋の2種類がありますが太くなるのは速筋の方です。遅筋は鍛えてもほとんど肥大しません。そして年をとるごとに顕著に減っていくのは速筋繊維の方です。

だから、歳をとると筋肉が落ちて細くなったように見えるわけですが、この104歳の方の場合はその年齢で残っている速筋繊維が肥大して太くなったと考えられます。筋繊維が増えたわけではないので筋肉が成長したという感じではありませんね。残っているものを活性化して活用していると言う感じになります。それが現実ですが残っているものをしっかり活用して元気に生活できればそれに越したことはありませんよね。

ある本によれば「現代人の高齢者の多くは老化ではなく衰弱することで生活の質を落としている」と書いてありました。老化は避けることができませんが、適切に鍛える事によって衰弱することは防ぐことができます。

40〜50代ぐらいの方ならまだまだ速筋繊維はたくさん残っているはずですから、科学的・計画的にトレーニングを行えば必ず筋力アップは可能です。ウォーキングなどの有酸素運動だけでなく筋トレも是非頑張りましょう!

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。