理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

今日、車のラジオで「酵素ダイエット」なるものが紹介されていました。
まぁ、紹介といってもDJが営業マンと白々しいやりとりをして、その商品を褒めちぎる気持ち悪い番組ですが・・・(苦笑)

ただ、そこで紹介している内容があまりにもひどいと感じたので今回は酵素ダイエットについてマジメに考えてみます。

スポンサードリンク

そもそも酵素とは?

まず、酵素とは英語で言うとエンザイム。あまり聞き慣れない音なので、神秘的な響きに聞こえますね。それはさておき、まずは酵素とは何かと言うことを知らないと話が始まりません。そこでWikipediaを見てみるとこんな解説が書いてあります。

酵素(こうそ)とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。
酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・輸送・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に関与しており、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせない。したがって、酵素は生化学研究における一大分野であり、早い段階から研究対象になっている。
多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質を基にして構成されている。したがって、生体内での生成や分布の特性、熱や pH によって変性して活性を失う(失活)といった特性などは、他のタンパク質と同様である。
ーWikipediaよりー

なにやら難しいことが色々書いてありますが、ものすごく大雑把にまとめると

  • 酵素は体内でおこる色々な化学反応を仲立ちする物質→仲人のような感じですね。
  • 酵素は主にタンパク質でできており、環境の変化に弱い→ひ弱なんです。

それに加えてもう一つ補足しておくと、

  • 酵素にはたくさんの種類がある→種類によって働きは全く異なる
  • 酵素は特定の条件が揃わないと働かない→各酵素は働く場所が決まっている(胃の中とか筋肉内など)

このぐらい頭に入れてから「酵素ダイエット」について考えてみましょう。

酵素ダイエットの(屁)理屈?

酵素ダイエットといって酵素を販売しているサイトをチェックすると、どうやら次のような理屈で無理せずダイエットできるらしいです。

人は酵素の働きがないと生きていけない。

体内で生産される酵素の量は決まっていて、
現代人の生活習慣では酵素が不足しがちになる。

酵素を外から補うことで健康によい

さらに酵素を低分子化して吸収しやすくした

酵素を摂りながらプチ断食することで高い効果が得られる

どうですか、ダイエットできそうに感じましたか?
ツッコミどころ満載ですね。ちょっと突っ込んでみます。

人は酵素の働きがないと生きていけない。←正しい。

体内で生産される酵素の量は決まっていて、←正しいかも?
現代人の生活習慣では酵素が不足しがちになる。←概ね正しい。

酵素を外から補うことで健康によい←あとで書きますがウソ

さらに酵素を低分子化して吸収しやすくした←低分子化したら別物です。

プチ断食と組み合わせることで健康的にダイエット←断食すりゃ痩せるでしょ(苦笑)

このサイトにはダイエットに成功した人の感想が書いてありますが、 プチ断食=摂取カロリーを減らすことをすれば誰だって痩せます。

この時点で酵素にはダイエットになんの関係もないことに気づかなければなりません。

ただ、「酵素を飲んでいるから普通の断食よりもっと効果がでるのでは!」という反論もあるかと思います。

実際、体の代謝のコントロールや脂肪の分解にも酵素は関わっていますから代謝がアップするのでは・・・と考えたくもなりますが、それは幻想です。

酵素がそのまま吸収されることはない

ここで酵素の特徴を思い出して欲しいのですが、ダイエットにフォーカスするとなると、まず代謝や体脂肪の分解に関わる酵素である必要があります。

しかし、僕が見た商品には酵素の種類が何も書いてありません。まったく関係ない酵素ならどんなに沢山あってもダイエットに全く意味がありません。

そして、百歩譲ってそういう酵素ばかりを集めたとしても、その次に酵素はタンパク質であるという現実があります。

タンパク質はどんなものであれアミノ酸にまで分解されて吸収されます。酵素の形のままで吸収されることはありません。これはコラーゲンなども同じです。
そして、酵素が分解されてできたアミノ酸が体内で再び同じ酵素に合成される可能性はとても低いです。

というのも、タンパク質は体をつくる重要な材料ですからあちこちで必要とされています。特定の酵素の合成にだけ使われるということはありえません。足らない部分に使われます。

逆にいうと不足している酵素を補う可能性もゼロではありませんが、それなら高価な酵素サプリメントでなくても市販のプロテインを摂れば同じです。体にはそのアミノ酸が酵素サプリ由来かプロテイン由来かなんてどちらでもよいのです。プロテインの方がよっぽど効率よくアミノ酸を摂れますよ。

ちょっと考えてみて下さい。

酵素は生命維持に重要な影響をもつ物質であり、過不足無く体内に存在する必要があります。多すぎても少なすぎても体内の反応が崩れて生きていくことはできません。

それが外部からの食べ物によって簡単に上下するようでは怖くて何も食べれません。

ただし、消化酵素に関しては意味があるかもしれません。

消化酵素は胃や腸で働く酵素で食べ物の消化を助けます。口から摂ってもアミノ酸に分解される前に酵素として機能を発揮できる可能性が高いですから、消化器系の働きをサポートしてくれるかもしれません。また、消化に使う酵素が節約されると、他の部分に回すことができるから体に良い影響があるという説もあります。

しかし、基本的には「消化を助ける=吸収が良くなる」 わけですからダイエットには逆効果かもしれませんね。

結論
酵素でやせることはない。酵素不足が気になるならタンパク質を沢山摂りましょう。

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。