理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

ダイエットの基本は「吸収したカロリー < 消費したカロリー」ですが、たくさん食べても太らない人と、そんなに食べてないのに太りやすい人、というように太りやすさの個人差は間違いなく存在します。これは遺伝的なものだということで、DNA検査による体質チェックなんていう商売も出始めていますね。

ただ、人の体は複雑でどの遺伝子が支配的な影響を及ぼすかはまだまだ解明されていません。

そういう遺伝子というアプローチとは別の方法で体質を分類する方法があります。それが胚葉学です。

自分がどれに当てはまるか分かったからといって痩せるというわけではありませんが、自分の体がどういう傾向をもっているのか知ることはダイエット後の体型維持に役立ちます。

スポンサードリンク

胚葉とは?

精子と卵子が受精して僕たちは生まれるわけですが、その受精したものを胚と呼びます。命の最初のスタート地点ですね。

胚は細胞分裂をくり返して発達していきますが、2週間目が終わる頃には、3つの層に分かれてきます。一番外側の層を「外胚葉」、真ん中の層を「中胚葉」、一番内側の層を「内胚葉」と呼びます。

面白いのは、この3つの層の役割が体の各組織と対応しているということです。まとめると下記のようになります。

  • 外胚葉:皮膚表皮や感覚器官、中枢神経系や末梢神経を形成
  • 中胚葉:骨、筋肉、泌尿器、生殖器、心臓、血管系、血液を形成
  • 内胚葉:腸粘膜や付属器官の腺を形成
胚葉学では発育の過程でこの3つの層のどれが優位に発達するかで、体型の特徴だけでなく性格や考え方までもが、ある程度決まってしまうとしています。どの層が優位に発達するかは最終的には遺伝子によると思います。

胚葉型による体型の違い

胚葉学では生まれた初期の段階で自分の全てが運命づけられるようなイメージがありますね。しかし、外形的特徴は仕方ないとしても、思考パターンなどに関しては後天的な要素の方が強いと考えられています。

脳科学の分野では、「性格や思考パターンは遺伝よりも後天的な影響の方がずっと大きい」というのが学会のコンセンサスでもありますし、僕自身もそう考えています。ですので、ここでは性格などについては特に言及しません。

しかし、残念なことに(?)体型に関してはこれはよく当てはまると言えます。具体的に体型と胚葉型の関係は次の様になります。

  • 外胚葉が優位→やせ体型
  • 中胚葉が優位→筋肉質体型
  • 内胚葉が優位→ぽっちゃり体型
イメージ的にも、神経質な人は痩せているとか、内臓が優位だと吸収が良さそうだから太りやすそう、とか腑に落ちやすい分類ですよね。

ここで一つ気をつけないとダメなことは、この3つの型にきっちり分かれるのではないということです。傾向的にどれかに寄っている、というぐらいに捉えてください。両者の中間的な人も沢山いますからね。

ただ、細かな体格や体質の特徴を見ていくと、自分が大体どのタイプよりかは判断できるようにはなります。

そして、各タイプでトレーニングや普段の生活で注意すべきポイントが変わってきます。

では、各タイプの細かい特徴は次回から解説していきますね。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。