理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)
no

筋トレは多くの人にとってはそれほど楽しいことではないと思います。できるだけ短い時間で終わらせたいものですね。

ですが、トレーニングの本をみると普通は1種目につき2〜3セットやるメニューが書いてあります。

これは、単にきついことをさせたいと言うだけでなくちゃんとした理由があります。

スポンサードリンク

筋肉はサボるのが得意

筋トレをやっていて、「もうダメ、上げれない」となった時、筋肉は全ての力を出し切っていると考えたくなると思います。

しかし、実はそれは間違いで筋肉はまだまだ全力を出し切っていません。

一般的には「もうダメだ」という状況になっても筋繊維全体の30〜40%程度しか使っていないと言われています。なぜ全ての筋繊維を使えないかというと、靱帯や腱、関節を守るためです。筋肉はうまくサボって体を守っているわけですね。

全ての筋繊維を使い切るには?

さて、このようにサボるのが得意な筋肉を全て使うためにどうするか?ということで考案されたのが複数セットするというトレーニング方法です。

つまり、1セット目で40%の筋繊維が十分に疲労させ、2セット目で残りの40%を疲労させ、3セット目でさらに残り20%を疲労させる、というイメージです。

実際には明確に比率が分かれるわけではありませんが、1セットでは全ての筋繊維に刺激を与えられないことはイメージできると思います。

究極的には集中力を高めて神経系もしっかり発達させれば1セットで全ての筋繊維を使うことも可能だといえます。

しかし、それは火事場のクソ力をいつでも出せるということになるので、かなりのトレーニングと精神力が必要だと言えます。

ですので僕たち一般人はそれを目指すよりはセット数を分けて満遍なく刺激を与えるアプローチを取る方がずっと簡単ですし安全でもあります。

こういう理由があるので、

「すべての筋繊維に刺激を入れるんだ!」

と思って最低2〜3セットは筋トレを頑張りましょう!

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。