理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

先日、患者さんと話をしているとダイエットの話になり「体重を落とすならまずは食事を見直すことが大切だよ」という話をしていたら、その方は「やっぱり食事ですよね。私は運動は体に悪いと聞いたのでしないことにしています」という返事が・・・

確かに運動のやり過ぎは不健康ですが、運動すること自体はヒトという動物として必須なんですけどね・・・なぜこの方がこのような考え方に至ったのか詳しく聞いてみました。

スポンサードリンク

運動すると活性酸素が発生して老化する!

酸素はヒトや動物が生きていくためには必須のものです。しかし、何かの拍子に対の電子を持たない不安定な状態の分子に変化してしまうことがあります。これが活性酸素と呼ばれるものです。

活性酸素は安定した状態になりたいので、体の細胞を構成する分子から電子を無理やり奪い取るように働きます。電子を奪われた細胞は傷付くことになり、現在までの研究でこの活性酸素はさまざまな病気、特に心臓病やガンの発生に深く関係していることが分かっています。

このような活性酸素の有害な働きを「酸化ストレス」と呼びます。

酸化ストレスは老化を起こす作用があることも分かっています。老化というのは体内の細胞が活性酸素とたくさん反応した結果起こるものなのです。老化は一般的には歳をとればみんな平等に進むと考えられていますが、酸化ストレスが大きいほど老化が早く進むと考えられています。

もちろん酸化ストレスに無防備では困るので身体は酸化ストレスに対抗するための機構をもっており「抗酸化能力」と呼びます。これを高めることが老化や病気を防ぐキーポイントの1つになります。

さて、活性酸素が発生する原因はいくつかあるのですが、運動もその一つです。運動することによる筋肉へのダメージや酸素摂取量が増加することが活性酸素の発生につながるのです。その量は運動中はなんと10倍に達する場合もあると言われています。

こういう話を聞くと、先の患者さんのように「運動は老化や病気にきっかけになるものだ」と勘違いするのも無理はないですね。

運動は酸化ストレスを抑えることもできる

運動で確かに活性酸素は発生するのですが、実は酸化ストレスは運動強度には深い関係があります。

限界まで追い込むようなつらい運動(無酸素運動)では確かに酸化ストレスが大きくなります。ある実験ではそのような運動後は休息状態でも活性酸素の量が1.2倍になったという報告もあるほどです。

ところが、逆にジョギングなどの有酸素運動の場合、発生する活性酸素の量はわずかなので身体がもつ自然な防衛能力で酸化ストレスを十分抑えることができます。このとき、活性酸素の発生と分解の過程でミトコンドリアの数が増加し脂肪がさらに燃えやすい身体に変わるというメリットまであります。

さらに、有酸素運動をすることで活性酸素を無害化するSOD(スーパーオキサイドジスムターゼ)と呼ばれる酵素を活性化させることもわかっています。つまり、有酸素運動は身体の抗酸化能力をアップさせる作用があるのです。

ですから、運動は活性酸素が発生して身体に悪いというのは、強度の高い運動をオーバートレーニングになるぐらいのレベル頑張った場合に考えるべき話であり、有酸素運動を行うのであれば抗酸化能力が高まるので活性酸素のことは全く気にする必要はありません、といかむしろ活性酸素対策にやるべきなぐらいです。

そもそも、運動の頻度が少ない人の場合、たまに高強度の運動で活性酸素が発生することよりも、運動しない事による血液循環の悪化や心肺機能・筋力の低下によるデメリットの方がトータルでは遙かに大きくなることを認識すべきです。

結論としては、適度な運動は身体に良い!ということです。この事実は変わりません。一部の現象を誇張して煽る情報に惑わされてはいけません。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。