理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

冬はダイエットを始めるのに適してる!?


先日、クライアントさんから「冬は基礎代謝が上がるからダイエットに向いているんですよね?」という質問を受けました。

この手の「答え探し」的な質問に対する答えはいつも決まっているのですが、確かに気温が下がると体温を維持させるために代謝が上がると考えるのは妥当に思えます。

ですが、もしそうだとする寒い地域の方が肥満の割合が低いという傾向がでてもよさそうです。すこし検証してみました。

スポンサードリンク

寒い県の方が肥満者が多い!?

平成18~22年の5年分の国民健康・栄養調査の結果ではトップ10は次のようになります。

順位 都道府県 肥満者の割合(%)
1 沖縄県 45.2
2 宮崎県 44.7
3 栃木県 40.5
4 福島県 40.3
5 徳島県 40.1
6 宮城県 39.5
7 岩手県 38.7
8 北海道 38.5
9 青森県 38.0
10 高知県 37.6

1,2位は暖かそうな沖縄・宮崎ですが、トップ10の内の半分を北海道や東北地方の県が占めています。この理由については雪の影響で冬の活動量が減っている、車社会だ、暖房設備が充実しているので意外と寒くない、などいろいろな要因が考えられ結論は簡単にはでません。

しかし、一つだけ確かなことは「寒い方が基礎代謝が上がって痩せやすい」ということが仮に事実であったとしても、他の要因の方が大きな影響を及ぼすと予想される、ということです。

本当に寒いと基礎代謝が上がるのか?

では、実際に基礎代謝は外気温に対してどの程度影響を受けるのでしょうか?基礎栄養学 (新ガイドライン準拠エキスパート管理栄養士養成シリーズ)坂井堅太郎著 化学同人によると

夏と冬の気温差の激しい日本では、基礎代謝は季節の変動に応じて冬に高く、夏に低くなり、その差は10%程度といわれる。しかし、最近の冷暖房設備の充実した生活様式により、基礎代謝の変動幅は減少傾向にある。

と書いてあります。

平均的な日本人男性の基礎代謝概ね1500kcalぐらいと言われています。10%程度違うということはおよそ150kcal程度の差があるといえそうです。現在ではもっとこの差は少なくなっているようなので、100kcalもないかもしれませんね。

結局、冬はダイエットに適してるの?

確かに冬の方が基礎代謝はあがりますが、最大の効果を得るには薄着で暖房もなるべくかけず過ごす必要があります。でも寒〜い思いをしてもお茶碗半分ぐらいのカロリー減です。

それなら普通に食事を減らして暖かくて快適な環境にいることを選ぶと思うのは僕だけでしょうか?

また、日本の冬は忘年会・クリスマス・お正月・新年会とご馳走を食べる機会が波のように訪れます。それを我慢してクリアするのはメンタル的になかなか大変です。

ですから、最初の質問の答えに誠実に答えるすると

「生理学的には夏より冬の方が少しだけ有利だけど、現実的に考えると夏の方が取り組みやすい」

ということになりますね。

ただ、ここまで書いてから言うのも何ですが、ダイエットは「本当に変わるぞ!」というやる気さえあれば季節や環境による有利不利の差なんてほぼ関係ないです。やる気9割、環境1割ですよ。

「痩せたい!」と思ってモチベーションが高まっている時がスタートするときです。だからこのような「答え探し」的な質問を受けると

細かいことを気にせず「やるぞ!」と思ったらまずは一歩踏み出しましょう」

と答えるようにしています。
何でもそうだと思いますが、細かいことを気にするのは今できることをやりきってからですよ。
まずは始めることが大切です。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。