理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

ネットを見ているとこんなニュースを発見。

1日5食!?スペイン式の驚きダイエット

スペインには1日5食という食文化があるらしいのですが、それがダイエットに効果的でハリウッドセレブに話題だ、という記事です。「5ファクターダイエット」という名前まで付けられています。

普通に考えると食べる量を増やすと太りそうなものです。食事回数を増やすけど痩せられるとは一体どういうカラクリがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

ルールをチェック

まず、5ファクターダイエットの食事回数についてですが、

食事をただ5回に増やすのではなく、これまでの3回の食事量を5回に分けるイメージです。量を少し減らした3回の食事に、2回の軽食と考えるとわかりやすいですね。

と書いてあります。つまり、トータルの摂取カロリーは増やさないということです。今までと同じ食事量でさらに追加で食べて良いわけではありません。逆に、今までの3食の量を少し減らす必要があります。

理屈は正しいし言葉にすると簡単ですが、上手く3食の量を減らしてその分を間食に割り当てるというのは簡単ではありません。また、結局その3食は食事量を減らさなければなりませんから、間食を食べられるとはいえある程度のガマンは必要です。残念ながら何も考えずに食べる回数を増やせるわけではないようです。

さらに、その後に守るべき5つのルールというものが続きます。簡単にまとめると

  • 炭水化物:精製したもの(白米など)はなるべく食べない
  • 食物繊維:沢山食べる=野菜をモリモリ食べろということ
  • タンパク質:肉・鶏肉・魚・大豆などをバランス良く食べる脂身は少なめで
  • 脂肪:フィッシュオイルや荏胡麻油、オリーブオイルなど不飽和脂肪酸を推奨。動物性脂肪はさけること。
  • 水分:水やお茶をこまめに摂る。1日2リットルが目安

おまけで「間食は果物、ナッツ、ドライフルーツ、チーズなど食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富なものを選ぶ」とあります。

如何でしょう?

どこにも菓子パンやチョコレート、まんじゅうなどは出てきません。お昼にラーメン+炒飯とかおやつにケーキとかはNGです。

ハッキリ言ってこういう食生活をしたら摂取カロリーも自動的に減り、ダイエットできるのも当然という感じです。

本質は食事回数ではない

5フィンガーダイエットの食事内容をみると地中海式ダイエットという広く効果が認められている食事法と傾向が似ているような気がします。まぁ、スペインも地中海に面してますからね。

5回に分けて食べることではなく、5つのルールの方がこのダイエットの本質でしょう。

このルールをしっかり守れば減量効果は期待できそうですが、注意するのはやはり炭水化物でしょう。精製された食べ物やGI値が低い食べ物ものを食べてしまうと、逆に1日5回もブドウ糖スパイク(高血糖の状態)を発生させることになります。

そうすると、空腹感が余計に強くなり食べ過ぎてしまったり、食事量の加減が難しくなり失敗する可能性が高くなります。そう考えると、間食はナッツやチーズなど糖質制限したものにすることがオススメです。

いずれにせよ、守るルールが細かくありますし、食事量の微妙な調整も必要なのでお手軽に取り組めるものとは言いがたいです。単純に「5回食べれば痩せるんだ」とは解釈しないように注意しましょう。

やはり、どんなダイエットでもそれなりにガマンや制限は必要です。派手なキャッチコピーに踊らされてはいけません。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。