理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

メタボという言葉は今やすっかり定着してしまいましたね。

先日、久しぶりに会った友人が腹をさすりながら「メタボになってきたわ」なんて笑いながら言っていました。

メタボという言葉の響きがあまり深刻さを感じさせないのかもしれませんが、本当はメタボって全然笑いごとではないんですよね。

冗談っぽくカジュアルに口にするような言葉にしてほしくないというのが本当のところです。メタボと判定を受けることはガン告知ぐらいのインパクトがあることだという認識を多くの人にもってもらいたいです。

スポンサードリンク

メタボは突然死の原因になる

この見出しを見て

「おおげさな・・・」

と思う人がほとんどかもしれません。

実際、メタボリックシンドロームと判定されても自覚症状が全くない場合がほとんどでしょう。

そもそもメタボリックシンドロームというのは

内臓脂肪の増加により

  • 心血管疾患
  • 脳血管疾患
  • 糖尿病

といった生活習慣病を発症しやすい状態

のことですので病気になったというわけではありません。

だからこそ、深刻さがイマイチピントこないのでしょう。

しかし、発症しやすい病気をよく見てみてください。

心血管疾患や脳血管疾患というのは、いわゆる心筋梗塞や脳梗塞という命に関わる、それも突然死につながる病気です。

僕が大学院の1年生だったとき、所属していた研究室の教授が心筋梗塞で倒れ、その数時間後に亡くなりました。確かまだ40代だったと思います。

その日の昼は全くいつもと変わらず精力的にゼミをやっていました。そして夕方には学生と一緒にテニスを楽しんでいたそうです。まさかその数時間後にこんな事になるとは想像もつかなかったです。残されたご家族も大変ショックを受けていたようでした。

メタボと診断されるということは、「いつ死んでもおかしくない健康状態ですよ」と告知されるようなものです。

とてもではないですが、笑い事ではないことが理解できますよね。

すぐにお尻に火をつけてメタボ解消の取り組み、つまりはダイエットに取り組むべきです。

メタボを解消するために

恐怖を煽っただけで終わっては申し訳ないので、解消法につていも書いておきますね。

メタボを解消するには食事と運動の両方に取り組むのがベストですが取り組みやすさは食事だと思います。

メタボ=内臓脂肪の蓄積を早く効果的に減少させるのは糖質の摂取を減らすことです。ご飯や麺類などの炭水化物と甘い食べ物を可能な限り少なくしてください。

今までのダイエット指導の経験から言っても数ヶ月でお腹がスッキリしてきます。体調も良くなったと感じる方が多いです。

脂肪も特に制限しないので、料理は味のついた美味しいものを食べることができます。糖質を摂らなくても人はちゃんと生きていけるようにできていますから安心して取り組んでください。

運動については楽しめることをやってもらえば良いですが、まずは筋トレで筋肉をつけることをおすすめします。

メタボになる人はたいていは筋力も衰えていますから、その状態でランニングやテニスなどの運動をするとケガをする可能性が高くなりますからね。

あとは「時間がない」とか「付き合いで仕方ない」とか出来ない言い訳を考えず、今の現状でどうやったら出来るかを考えて行動しましょう。

突然死を迎えたくないのなら・・・

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。