理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

僕はいまベストボディジャパンに向けてダイエットをしていますが、やっぱり思うように体重が落ちない期間があったりメンタル的に疲れを感じたりすることがあります。

そういう時は「今の方法が正しいのかな?」とか「ネットの記事で見かけたこの方法を試してみたらどうかな?」とか色々と心が揺れはじめます。ここで踏みとどまれず今までの方法から変えてしまうと、その方法が正しいかどうかの検証もできませんし、多くの場合中途半端になって結局何も得られないという結果になりがちです。

これはダイエットに限らず仕事や日常生活でもやってしまいがちな失敗だと思います。そうならないためにはどうすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

ダイエット中は考えるな!

もしあなたがある方法で「ダイエットをするぞ!」と決心したら、まずは計画と具体的なルールを決めます。

そして、あとはそれに従って機械的にやるだけです。他のことは一切考えないことが大切。ただ決められたことを無心になってマシーンのようにこなしていきます。

こう書くと、

「理系な人はやっぱり人間味がないねぇ」

なんて言われそうですが(苦笑)これにはちゃんと理由があります。

一つ目の理由は、「迷い」は行動を止めてしまうからです。そしてなぜ迷うのかというと「考えるから」なんです。よくあれこれ考えて行動できない人っていますよね。まさしくそれです。考えるから迷って行動力が落ちるんです。

もう一つの理由は、考えた結論が楽な方に行きがちになるということです。ダイエット中=我慢してストレスが高い状態の判断は、ストイックな性格だったり病的に強迫観念に駆られている場合はともかく、普通のメンタルの人はついつい楽な方を選んでしまいます。僕だってツラい時や上手くいかないときは楽な方に逃げたくなりますよ。ダイエット中にあれこれ考えても良い判断ができる可能性はとても低いです。

そうならないためにも、最初に決めた計画とルールを何も考えず淡々とやっていくことが成功への最短ルートになると僕は考えています。ただし、これが成功するためには事前の計画とルール作りが重要な事はいうまでもありません。

うまいダイエット計画の立て方

ダイエットの方法自体は本やネットで検索すれば出てきますが、例えば、ローカーボなら糖質を含む食べ物をとにかく避ける、ローファットなら最低限の量(体重×1g前後)は確保してそれ以上摂らないようにする、どちらの方法でもタンパク質はたくさん摂るという具合に大雑把でよいのである程度の知識をいれた上でルールを決めます。

このルールがあまりにトンチンカンだと成功しません。このあたりの詳しいことは別の記事でそのうち書きたいと思いっていますが、できるだけシンプルなルールを作ることが成功の秘訣です。あれこれ考えずに機械的に判断できる指標を作っておくと無心でやりやすくなります。このとき、「体重が変化しないときはこうする」という対策案も事前に考えておくのがポイントです。

計画の方は、必ず期限を決めましょう。体重を目標にするのはオススメできません。何故かというと、目標体重に何時到達するかは誰にも分からないからです。ゴールが見えないマラソンをするのはキツイですよね。間違えた方向に向かっているかも知れませんし。

そうならないように絶対に終わりがある時間を目安にしたほうがメンタル的に頑張りやすいです。さらに期限が来た時点で現状と計画との差を確認できます。その時にはじめて考えるわけですね、「このままでいいのか何か変えるべきなのか?」と。

目標とする体型に確実に近づいていると思えるならそのまま続ければよいですし、明らかに近づいていないならルールの再検討を行います。少しダイエット休みを入れるのもよいと思います。

問題は期限をどうするかですが、体の慣れなどから考えて8〜12週間は一度決めた方法を貫くことがよさそうです。ただし、2週間に一度ぐらいは体重の推移を見て体重が徐々に減ってきているか横ばいかどうかを確認し、横ばいならルールで決めた方法で対策をしていきます。ここで対策をあれこれ考えるとメチャクチャになりますから、必ず対策はダイエットを始める前に決めておきましょう。対策は1つではなく何個か考えておくとよいと思います(例えば朝のプロテインを減らすとかチートデイを入れるとか)

このような感じで、事前にしっかり計画とルールを決めて、あとは無心で頑張る。そういう気持ちでダイエットに取り組むことが成功への近道です。

迷わないこと、それがなんであれ結果に結びつきます。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。