理系ダイエット〜理屈と計算で合理的にダイエット!でも一番大事なことは気合いです(笑)

糖質制限の話をすると最初から

「ご飯や麺類を食べないのはありえない、ムリ」

と決めつけてしまう人がよくいらっしゃいます。

まぁ、痩せるための戦略としては糖質制限以外にも脂質制限や断食などやり方はいくつかあるので、本人が取り組みやすいものを選んでもらえばよいと思います。

ただ、そういう人に「脂質制限や断食ならどうですか?」と提案すると、これまたできない理由を並べるパターンが多いです(苦笑)

もし、あなたが太っていて悩んでいるなら、心当たりはありませんか?

このように「やる前から出来ない理由を探す人」はダイエットに成功することはまずありません。なぜならいつまでたっても行動できないからです。

これは非常にマズイ思考パターンです。そして、なぜそのように「できない理由」を考えてしまうのかというと、その心理の奥には「快適な現状を変えたくない、でも体型だけは変えたい」という甘い考えがあります。

スポンサードリンク

フリーランチはない

経済学などでは「フリーランチはない」という表現をよく使いますが、何かを変えるためには何かを犠牲にする必要があります。ノーリスク・ハイリターンはありません。

これをダイエットに当てはめると、肥満は病的なものを除けば、生活習慣が全てです。今までに食べたものと運動量でほぼ決まると考えてよいでしょう。

ですから体型を変えるには今までの食事と運動の習慣を犠牲にする(変える)必要があります。

生活習慣を変えるにはそれなりの覚悟が必要ですし、リバウンドをしないためには減量期間終了後も完全にもとの生活習慣にもどってはいけません。

ですから、生活習慣を「変える」というより「犠牲にする」という言葉の方がより本質を突いていると思います。

成功するダイエットのパターン

なぜ犠牲にするという表現の方がよいかというと、成功するダイエットは

今までの生活習慣には犠牲になってもらう

代わりに新しい生活習慣を身につける

結果的に理想の体型を手に入れる

という流れになるからです。

今までの生活習慣は犠牲になるのですから、もう戻ってくることはありません。結果的に体型は維持できると言うことになります。

また「犠牲」という言葉は「変える」より覚悟がないと使えません。

本当にダイエットに成功したいのなら、今の生活習慣を犠牲にできるかどうか、よ〜く考えてみてくださいね。

そうすれば、「出来ない理由を探す病」からも抜けて行動できるようになるかもしれません。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。